顎の部分について

剣道は竹刀を使っていろいろな場所を叩きます。
剣道には突きと言う技があり、顎に向かって竹刀を突き刺すような技をする人もいます。
突きは顎に向かって来ます。顎の部分がしっかりと守られていないと、怪我をする危険性があります。
万が一の事故のためにも、剣道防具やアゴ選びはとても重要になります。
頸動脈に竹刀が入る事もあり、場合によっては、最悪の事態になることもあります。
面を適切なサイズにすることも大切です。
そして、アゴ選びも大切です。頸動脈の場所やアゴが守っている範囲などを把握して、適切なアゴを選びましょう。
面に付いている用心垂れが突きの侵入を防止するために取り付けられています。
用心垂れの位置なども面を選ぶ時に必要な事になります。

アゴは色々な種類があります。
刺しが異なり、外観が違い、面が全体の外観によって、選ぶこともできます。
アゴには、突きに対応することが出来るように硬い部分があります。
位置や形に注意して選ぶようにしましょう。
アゴによって、色が入っている物もあります。
色や形によって、胴を合わせることで、見た目がかっこよくなります。
アゴの裏部分も色や柄がついている物もあります。
それぞれによって、色や柄が付いているものがあるので、機能性や外観によって選ぶようにしましょう。
剣道防具は色々な柄や色が入っている物もあるので、自分の好きなカラーを選んで、剣道をすることもできます。

剣道防具は、いろいろありますが、それぞれによって取り付け方法があります。
面を装着する前には、垂れや用心垂れやアゴを散りつける必要があります。
防具を正しく取付けることによって、剣道を楽しむことが出来ます。
安全面を考えて作られている防具なので正しく着けることが重要です。