胴体を守る

剣道では胴体を守る胴という防具があります。
胴は、色々な構成で作られており、各部分によって、名称があります。
稽古で指摘されることもあるので、覚えておく必要があります。
胴には、胸乳革と言う部分があります。
胸乳革は、胴の上にある胴紐を通す場所の事言います。
同胸は胸を守る部分の事を言います。他にも小胸、胴乳革などがあります。

剣道を初めてする人にとって、剣豪防具を装着することはとても難しい作業になります。
胴の紐結び方は分かりにくいです。
結べても稽古中に外れてしまうこともあります。
外れて結び治すこともあります。
稽古中に外れることによって、中断することになります。
先輩や先生に怒られることもあります。相手に迷惑を掛ける事にもつながります。
剣道には、昇格審査を行うことが出来ます。
審査中に胴紐が外れることもあり、審査に影響する事もあります。
初めての人は結び方を教わることがないので、先輩に聞くなり、自分で調べることなど行う必要があります。
剣豪防具は、ほとんど紐結びをしないと行けません。しっかりと結び方を知っておくことが大切になります。

大事な剣道の試合でも紐が緩んでしまうと、集中することが難しく試合に負けてしまうこともあります。
紐の結び方は、インターネットで調べることが出来ます。剣豪防具を締める方法が動画に公開されています。
しっかりと練習することによって、緩まずに練習をすることができます。
剣豪防具の結び方は人によって異なります。
しっかりと結ぶ事ができる結び方をしましょう。