種類

剣道は、子供から大人まで楽しめるスポーツになります。
小さい子供から大きな大人まで色々な体型の人が行っています。
もちろん、男女関係なく、楽しむことが出来ます。
そのため、色々なサイズの剣道防具があります。
剣道防具は、年齢別に分かれています。
幼年から小学生までの子供に適切な剣道防具は、柔らかい作りになっている防具が販売されています。
子供も、体格が一人一人異なるので、色々なサイズの剣道防具が販売されています。
中学性になると男の子は、体格がよくなり、大きい子では、大人に負けないくらいの身長になることもあります。
機能性だけでなく、立派な外見をしている物を選ぶ中学生が多くいます。
高校生や大学生、大人になると、激しい剣道になるので、しっかりとした防具を選ぶ人が多くなります。

剣道防具には、刺し幅と呼ばれる物があります。
刺し幅は、防具の中にある衝撃を吸収する緩衝材を固定している糸の間隔を表しています。
刺し幅が大きいほど、衝撃を和らげる事に特化されています。
幅が小さいほど、しっかりと固定されており、固めの防具になります。
剣道を熟練している人は、刺し幅が短い防具を好んで使用しています。
小さい子供には、刺し幅が大きい物使用することが多くあります。
剣道経験が増えることのよって、刺し幅が短くなっている防具を使用する人もいます。
刺し幅は、いくつか種類があります。6mm刺し、5mm刺し、4mm刺し、3mm刺しがあります。
それぞれの刺し幅によって機能や作りが変わってきます。